一人辞めるたびに300万以上の損失

あなたの会社から人が一人辞める毎に「300万以上」の金銭的損失が出ています。例えば、求人広告費、制作費(50万~)人材紹介会社手数料(100万~)、教育期間、引き継ぎ期間の人件費(80万~)、採用に関わる担当者人件費(50万~)、採用に関わる責任者クラスの人件費(50万~)、受け入れのための環境整備(20万~)等。

そして、一人辞める毎に受ける時間的損失は「3ヶ月以上」です。
求人応募受付期間(1ヶ月~)、面接、選考期間(1ヶ月~)、引き継ぎ、教育期間(1ヶ月~)等。
もちろん採用が成功するとは限りません。

さらに、「社会的損失リスク」は計り知れません。
■取引先・クライアントの不安(担当がコロコロ変わるが大丈夫か?)
■来店客の不安(お店に来るといつも新人さんが多いみたい。)
■既存社員への不安(今月もまた辞めた。うちの会社大丈夫か?)
■転職者からの敬遠(転職サイト常連のブラック。受けるのはやめよう。)
■新卒学生からの敬遠(就職口コミサイトで噂のブラック。受けるのはやめよう。)
■訴訟・社会問題化(現場でのパワハラ等が明るみになり訴訟問題。健康被害。メディア露出。)

今の時代、求人広告でどんなに外面を繕っても、 口コミサイト等で簡単に生の情報を入手できます。
経営者のあなたが知らぬ間にブラック企業の噂が立つことも他人事ではありません。

組織のブラックボックスに向き合うのは

「ただ、辞めてしまうのはどうしようもない。皆やむを得ない理由と聞いている。」という考えが頭をよぎるかもしれません。
しかしながら、退職者の「50%」が、本当の理由を言わず「タテマエの退職理由」で辞めているとのアンケート結果があります。
(エン・ジャパン株式会社が実施した自社転職サイト会員1,515名へのオンラインアンケート調査による。)

あなたの耳に届いた退職理由は本当でしょうか?
もし、他に理由があったとしたら、それは、あなたの組織の「ブラックボックス」かもしれません。
誰もが気づかない、もしくは見て見ぬふりをするような。

その「ブラックボックス」に、唯一向き合うことができるのは、あなた以外にいますか?