あなたは今未来の選択をしようとしています。
一つは、今まで通り、求人広告を出し続けるか。それとももう一つの未来を目指すか。
想像してみてください。

あなたが朝、出社すると…

重苦しい空気がオフィスを包みます。足取り重く出社して 黙々とPCに向かう社員たち、どこからともなくため息が聞こえてくるような気がします。
顔色が悪そうな一人に話しかけてみましたが、硬い笑みを浮かべ「大丈夫です…」と一言。それから3か月後、彼は退社しました。
毎月、スタッフが辞めていきます。特にボーナス支給後にはまとめて退社。
報告される退社理由は「家庭の事情」など仕方ない理由ばかり。現場マネージャーに聞いてもよくわかりません。
毎月、100万円の求人費を出して人材の補充をしていますが、最近、応募者が少なく、質も下がっています。
インセンティブを出してはっぱをかけても、効果は最初だけ。お客様も少しずつ離れていきます。
今、顧問弁護士から、連絡が来たようです。嫌な予感……
それは、今まで通りあなたの組織の従業員から目を逸らし続ける未来。

そして、もう一つの未来です。
あなたが朝、出社すると…

爽やかな空気がオフィスを包みます。活気のある声が聞こえてきます。仕事が楽しみで仕方ない仲間たちが、活き活きとした表情で頑張っています。
メンバーはあなたに会うたびに、家族のような信頼の笑みを浮かべ、プライベートな近況、やりたい仕事、様々なアイディアを出してくれます。
あなたが細かい指示を与えなくても、皆がオーナーシップを持って自立して仕事をします。
そして、どんどんノウハウと実績が蓄積され、お客様からの信頼、そして利益が増えていきます。
求人広告を出さなくても入社希望者が後を絶ちません。
あなた自身も毎日会社に来るのが楽しみです。
信頼できる仲間を働けることに感謝し、会社の経営を楽しんでいます。
今こうしている間にも、あなたの会社と仕事をしたいお客様が、アイディアを待ちわびているようです。
それではまた……
それは、あなたの組織の仲間と向かい合う未来。

あなたが目指す未来はどちらですか?